父の日記

娘の誕生を機に記録を残します。

アメリカでの男性育休は?

 英語の勉強も兼ねて、reuter社の記事を紹介。

mobile.reuters.com

J.P モルガンが従業員に有給のparental leaveを与えるにあたり、男女間で差を設けていたことに対して、訴えを提起した。従業員は訴えの中で次のように言っている。

 J.P. Morgan gives mothers 16 weeks of paid leave, while fathers get only two weeks unless they prove they are primary caregivers. Rotondo, who works as a fraud investigator for the bank in Columbus, Ohio, claimed this violates federal and state anti-bias law.Rotondo, represented by the American Civil Liberties Union (ACLU) and the law firm Outten & Golden, said fathers must show that either their partner has returned to work or is medically incapable of caring for the child to get the 16 weeks of leave. He said he would not qualify because his wife, who had a baby in early June, is a teacher and is not working until the fall.

 つまり、J.Pモルガン社のポリシーでは、女性には16週間の育休が与えられるのに対して、男性は例外を除いて2週間のみ。この内容が連邦及び州の反差別法に違反していると主張している。この従業員の主張の是非はわからないが、私が疑問に思ったのは、この件の焦点は企業の育休ポリシーであり、国の制度ではないこと。アメリカの国又は州による育児支援はどうなっているのか。

連邦政府による支援

アメリカでは連邦政府の制度では、現時点で性別を問わず、有給の育休は与えられていない様子。AOLの記事によると、

Currently, the U.S. has no paid parental leave program nationwide.California, Rhode Island and New Jersey have individual plans in place, and New York and Washington D.C. have approved programs that will be put in place next year.

 としている。連邦としては何も用意されておらず、州レベルでもカリフォルニアなど3州で実施されているのみ。ニューヨークやワシントンDCでは近いうち実行される程度。残るのは、J.P モルガンのように各企業レベルで従業員への福利厚生の一環として提供される場合だろう。J.P モルガンはニューヨーク州に本社があるので、現時点ではまだ州制度によるサポートはない。

(続く)